ホーム 弁護士紹介 取扱い業務 移民法Q&A ACCESS CONTACTS

瀧法律事務所-あなたのアメリカでの夢の実現をお手伝いさせて頂きます

瀧法律事務所は、移民法とそれに伴う会社設立を中心とした法律事務所です。当事務所では、グリーンカード、駐在ビザ、各種就労ビザ、家族申請、各種ビザの延長、市民権申請など、移民法のことなら何でもご相談ください。

San Diego, Newport Beach, Torrance 及びLos Angeles に事務所を構えています。移民に関する法律は、日々刻々と変化します。

最新のデータのもと、個々のケースに応じた適切なアドバイスを致します。

瀧法律事務所では、2名の日本人弁護士が直接、日本語で親切、丁寧、迅速に移民法に関わる相談に対応させて頂きます。

初回相談は無料で行っております、お気軽にお電話ください。

初回相談無料

TV CM

弁護士紹介

吉原今日子弁護士

瀧恵之弁護士

瀧恵之弁護士は、新潟大学法学部を卒業後、日本の法律事務所にて勤務経験。インディアナ大学院卒業後、15年以上に渡り移民法の経験を持つ。常にクライアントの立場に立った柔軟なアドバイスが特徴。

吉原今日子弁護士は、日本の大学を卒業後、経営学の修士(MBA)をUSD にて取得。その後、法学博士号(JD)を取得。家族法、不動産法の経験を経て、瀧法律事務所に勤務。ビジネスバックグラウンドを活かし、会社の経営、組織の体系を念頭に置いたアドバイスが特徴。

取り扱い業務

移民ビザ(家族)

移民ビザ(雇用)

非移民ビザ

会社設立

 

家族を通しての永住権申請

アメリカ市民が家族申請をする場合、2つ重要な条件があります。まず1つは、アメリカ市民が21歳以上であることです。第二の条件は、スポンサーをする市民が...

READ MORE

 

雇用を通しての永住権申請

雇用を通しての永住権取得は、通常、第一優先、第二優先、第三優先、第四優先に分けられます。

READ MORE

 

非移民ビザ取得する為のサービスを 提供しております。

以下のビザが対象となります。

B1/B2,E1/E2,H-1B,H-3,J-1,L1A,L-1B,O-1,P-1,R-1など。

READ MORE

 

会社登記・法人設立・解散、その他ビジネス法などのお手伝い。

READ MORE

WE ARE GOOD AT:

移民法 Q&A

07.2011    I-130

Q. 私は、2000年末に、米国市民である姉を通して米国市民権の申請を行いましたが、未だ、待っている状態です。また、5年前から学校に通えなくなり、現在、不法滞在の状態です。私はグリーンカードを取得できるのでしょうか。また、取得できるとすれば、いつ頃でしょうか。

06.2011   Citizenship

Q. 私は、グリーンカードを保持しており、アメリカに10年滞在した後、日本の会社から仕事のオファーを受け、日本に2年滞在した後、先月、アメリカに戻ってきました。今後は、アメリカでずっと暮らす予定なので、米国市民権の申請をしようと思いますが、私は、申請を行う事は可能でしょうか?ちなみに、私は、リエントリーパーミットを取得してから日本に行きました。

05.2011    H-1B & LPR

Q. 私は、H-1B を持つ主人の配偶者(H-4保持者)です。日本で長年のシェフ経験があり、こちらで知り合ったレストラン経営者からぜひ雇いたいと言われ、そのレストランをスポンサーにグリーンカードの申請をしています。I-140 は、すでにパスしており、現在I-485の順番待ちです。しかし、私のプライオリティーデートが来る前に、主人の H-1B が切れてしまいます。その場合、どうなるのでしょうか?ちなみにカテゴリー3です。

04.2011   Child Protection Act

Q. 私は、現在、Eビザを持っており、また、今働いている会社を通して、グリーンカードを申請しています。私は、日本で大学を卒業した後、7年間日本で働いた後、アメリカに来たので、グリーンカードは、1年半程で取る事ができると聞いています。ただ、私には、現在こちらの大学に通っている長女がいて、もうすぐで21歳になります。私がグリーンカードが取れるまでにこの娘が21歳を超えてしまうと、娘はグリーンカードが取れなくなるだけでなく、21歳で娘のEビザの資格がなくなり、学生ビザに切り替えないといけない(すなわち、学費も上がる)と聞いています。娘が一緒にグリーンカードを取るため、何か良い方法はないでしょうか?

04.2011  Economic Hardship

Q. 私は、現在、大学の3年生ですが、今回の震災により、父が職を失いました。実家よりこれ以上仕送りを行う事は出来ない為、日本に戻るように告げられました。今回の事で仕方が無い事は分かるのですが、卒業後、アメリカで働く事を夢見て、今日までの3年間努力してきた事を考えると、どうしても諦める事ができません。最近、移民局がアメリカに居る日本人に対しての救済法を発表したと聞きましたが、私は、この恩恵を受け、大学を卒業する事は出来ないものでしょうか。

READ MORE

ACCESS / LOCATIONS

南カリフォルニアにて4カ所の事務所を構えております。

お近くの事務所までお気軽にお問い合わせください。

 

Orange County Office

Phone: (949)757-0200

Fax:  (949)250-3300

20250 Acacia St. Suite 200, Newport Beach, CA 92660

 

Torrance Office

 

 (310) 618-1818

21221 S. Western Ave. Suite 215, Torrance, CA 90501

 

Los Angeles Office

(323)724-6320

3435 Wilshire Blvd. Suite 650, Los Angles, CA 90010

 

San Diego Office

 

 (619) 237-4527

4660 La Jolla Village Dr., Suite 500, San Diego, CA 92122

CONTACT FORM

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

© 2016 TAKI LAW OFFICES

Copyright © 2016 ·Taki Law Offices - このサイトの情報は米国移民法の概要であり、閲覧者に法律上のアドバイスを与えるものではありません。

米国の移民法は頻繁に変更されますので、実際にビザを申請する場合は移民法弁護士のアドバイスを受けることをお勧めします。 All rights reserved